グローバルアシスト協同組合は、
外国人・技能実習制度を通じて
企業の活性化・国際化に取り組んでいます。

The Global Assist Cooperative is working to revitalize and internationalize companies through the foreigner and technical intern training program.

外国人技能実習生導入の効果

企業経営・従業員の国際化

従業員が外国人技能実習生との異文化交流を経験することにより、社内の国際化が進むほか、海外取引の拡大や拠点を作る時に大変頼りになる人材を育成できます。また、国際的企業としてのイメージの向上が図れ、人材確保等の面にも好影響を及ぼします。

作業の効率化・生産への貢献

技能実習生の受入れを契機として、受入れ企業が自らの作業工程やマニュアルを見直すことにより、作業効率の改善を図れることがあります。また、技能実習生は技術・技能・知識を習得することを本来の来日の主目的であるが、生産活動に従事することもできるので、企業の生産に貢献するという側面もあります。

社内・職場の活性化

アジアの開発途上国の若者は、仕事に対する意欲が高いです。技能実習生を受入れることにより職場が明るくなり活性化が図れるほか、職場全体が「技能実習生を教えること」に誇りを持ち、現場に新しい価値観や刺激を取り入れることができます。それが仕事にも良い影響を及ぼし、責任感や使命感が生まれます。

技能実習対象職種

「移行対象職種」とは、その職種に従事している技能実習生が第1号技能実習(1年以内の在留)から第2・3号技能実習(1年以上、最大5年の在留)に移行することを認められる業務です。
また、移行対象職種には必須業務(必ず従事する必要がある業務)が例外なく定められています。

技能実習対象職種一覧

現地教育センター

送出し機関では、日本へ派遣する実習生達に対して、事前教育を実施致しております。常駐の日本語教師が、日本語の教育はもとより日本の文化・風習・マナーなどを指導、 併設されている学生寮で共同生活を送ることにより、協調性や団結心を育み、日本での実習生活をスムーズに行えるよう万全の態勢を整えております。 日本語学習では、通常授業の他に視聴覚教室での授業や日本語のビデオ・DVDを教材として活用しており、質の高い授業を行っております。
また、学生寮での生活では「整理・整頓・清潔・清掃」を心掛けた日本式の指導も学んでおります。 当組合といたしましては、送出し機関の教育施設を事前に調査した上で、質の高い事前教育を実施している送出し機関と派遣契約を締結しておりますので、 企業様が安心して技能実習生受入れて頂ける体制を確立致しております。

校舎内観
校舎内観
視聴覚室
視聴覚室
普通教室
普通教室
学生寮
学生寮

グローバルアシスト協同組合について

グローバルアシスト協同組合では、経営基盤の強化を図るため、情報交換、共同購入の推進を図り、組合員様の体質の改善、経済的・社会的地位の向上を目的としております。
外国人技能実習生受入れ、ETCカード、燃料カードなどの共同購買、福利厚生面充実への手助けを行ってまいります。
常に、組合員の皆様の発展に貢献するべく、情報・事業の提供・提案ができるように邁進しております。

組合概要

お問い合わせ

ご質問やお問い合わせは、FAQまたはお問い合わせフォームよりお願いいたします。

© 2011 - 2022 GLOBAL ASSIST COOPERATIVE SOCIETY